お食い初めに張り切っていたのは、主役であるはずの息子よりも娘のほうだった

子育てのこと
スポンサーリンク

首もかなり座ってきて、たまに寝返りもうち、よだれもダラダラと垂らすようになったきた息子のお食い初めをしてきました。

主役であるはずの息子は、まだされるがままの状態であるのに対し、主張したい年頃の娘は、主役の座を奪う勢い。

買ってもらったラプンツェルのドレスを着て、ゴキゲンな時間を過ごせたようです。

スポンサーリンク

百日祝

お食い初めとは

お食い初めは、赤ちゃんが「一生食べ物に困らないように」「たくさん食べて長生きできるように」といった願いが込められています。

そのため、お食い初めに使われる食材は、長寿や縁起にちなんだ意味がある物を多く使用しています。

例えば梅干しは、しわができるまで長生きできるように、「まめ」(豆)という言葉には「体が丈夫」という意味があったり、ハマグリには良いパートナーに出会えますようにという意味があったり、芋の煮物には子宝に恵まれますようにという意味があったりして、様々な想いがつまっています。

鯛の尾頭付きも用意してもらいました。

たいへんめでたいです。

儀式は、ご飯、汁物、ご飯、魚、ご飯、汁物の順番に、食べさせる真似を3回繰り返し、それが全て終わった後に歯固めの石にお箸を触れさせ、そのお箸を赤ちゃんの歯茎に当てます。

歯固めの儀には「石のように丈夫な歯が生えてくるように」という意味が込められています。

赤ちゃんに食べさせる真似をする人は「養い親」と呼ばれ、お食い初めのお祝いで出席している身内の中で、最年長の人が食べさせる役をします。

祖父母を招待する場合は、祖父母がその養い親となり、男の子の場合は祖父、女の子の場合は祖母が食べさせるようにします。

我が家のお食い初め

百日祝は、実際より2週間遅れてしまいましたが、和食のお店でめでたく執り行われました。

お昼ごはんのタイミングで行ったのですが、出発の20分前には娘はドレスへ着替えを済ませて、早く行こうと騒いでいます。

本来なら、着いてから着替える予定でしたが、まあ、車に乗るだけなので良しとしましょうか。

予約した部屋には、おめでとうございますと大きく書かれていて、鯛とお食い初め膳が一式用意してありました。

そんななかまずは息子は、お着替えです。

係の方が来てくださってお食い初めの儀式が始まります。

じいちゃんに箸をもってもらい、係の方の説明に従って、息子の口に順番に食べさせる真似をしてもらいました。

最後に歯固めの石に見立てた紅白餅を箸でつついて、それを息子の歯茎にちょこんとつけて終わりました。

一連の儀式の最中も息子のすぐ横に陣取って、主張する娘。

息子はグズることなく、最後までじいちゃんの膝の上でおとなしく座っていました。

ばあちゃん、ママ、私の3人の撮影係に撮られながらも、緊張することなく普段通りの息子。

儀式終了後に、揃って記念撮影をしてもらって、みんなのランチタイムとなりました。

食べ始めてしばらくした頃、息子をあやそうとした娘が、頭をぶつけてしまいました。

かなりガマンしていたのですが、痛かったとみえて泣いてしまいました。

ガマンしてる様子がとてもかわいかった。

みんながランチを食べている間、息子はひとり指をくわえて、ヒマそうにしていましたが、最後まで眠ることなく、起きていました。

かっこいい和装にしてもらっても、いつも通りに指をくわえてチュパチュパするのが、またかわいい。

コスプレショー

主役である息子は、和装っぽい格好をさせられています。

本人はわかっていないでしょうから、大きくなったときに写真や動画で楽しんでくれたらいいです。

長女は、ラプンツェルのドレスを身にまとっています。

ティアラにアームカバーまでつけて、すっかりなりきっています。

髪の毛もこの日のために伸ばしてたのかのような長髪で、ラプンツェルのように、束ねたりしています。

さすがに食事のときは、汚れてしまうので、脱いでもらいました。

たくさん写真や動画を撮ってもらったし、お食い初めの儀式にも参加したので、本人も満足そう。

台風までお祝いにやってきた

まったく招待した記憶はないのですが、大きな台風までお祝いに駆けつけてくれようとしていました。

朝から雨こそ降っていませんでしたが、なかなかの強風です。

行きの車に乗ったら雨が降ってきて、食事中は結構な雨が降ってました。

しかし食事が終わる頃には、雨もあがり、青空も見えていました。

でも、風は強いまま。

結局、一時は猛烈だった台風の影響は、我々の地域にはあまりなかったようでした。 

にほんブログ村

↑クリックしていただけると励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました