反省会

馬たちのこと

【反省会】第41回フェブラリーステークス

手薄なメンバーに写った2024年のフェブラリーステークスは、それを象徴するかのような大波乱の幕切れとなりました。勝ったのは重賞未勝利馬の⑨ペプチドナイル。2着は芝重賞勝ち馬の⑦ガイアフォース。全くわかりません。
馬たちのこと

【反省会】第69回 東京大賞典

世界を制している⑤ウシュバテソーロが格の違いを見せつけて勝ちました。2着も同じ勝負服の⑨ウィルソンテソーロ。3着は⑥ドゥラエレーデでした。2着と3着はチャンピオンズカップと同じ。武豊騎手の②ノットゥルノも頑張っていて復調の兆しが見えました。
馬たちのこと

【反省会】第40回ホープフルステークス

2023年を締めくくる最後のGⅠ競争も、ルメール騎手がレガレイラで勝利を収めました。今年だけで7勝、通算50勝で、武騎手に次ぐ第2位だとか。ちなみに武豊騎手は先日の有馬記念が81勝目でした。すごすぎる!
馬たちのこと

【反省会】第68回 有馬記念

武豊騎手のドウデュースが、復活の勝利をあげました。武豊騎手は、天皇賞・秋の当日に負傷して乗り替わってから、しばらく欠場となり、この日は有馬記念のみの騎乗でした。それだけ勝利への執念も大きかったのかもしれません。
馬たちのこと

【反省会】第75回阪神ジュベナイルフィリーズ

順番こそ違ったものの、ピックアップした3頭で決まった今年の阪神ジュベナイルフィリーズ。とても気持ちがいいものです。年末までこの調子で行けるといいな。
馬たちのこと

【反省会】第24回チャンピオンズカップ

今年の春のフェブラリーステークスを制したレモンポップが、見事な逃げ切りを決め、チャンピオンズカップも制しました。前走の圧勝はフロックではなかったのはもちろん、やはり力のある所を魅せてくれました。
馬たちのこと

【反省会】第43回ジャパンカップ

ジャパンカップは、パンサラッサの大逃げにどよめく場面もありましたが、終わってみればイクイノックスの強さだけが目立ったレースでした。この馬はどこまで強くなるのでしょう。今後も楽しみです。
馬たちのこと

【反省会】第40回マイルチャンピオンシップ

混戦模様のマイルチャンピオンシップは、2歳児から期待されていたナミュールが、ついに素質開花したのか、嬉しいGⅠ初制覇となりました。代打騎乗の藤岡康太騎手もいいときに乗せてもらったのかもしれません。次走はどうなる?楽しみです。
馬たちのこと

【反省会】第48回エリザベス女王杯

重賞未勝利の1番人気、①ブレイディヴェーグがイクイノックスと並ぶ最速での古馬GⅠ制覇を成し遂げました。競馬も安定した強さを見せつけるもので、今後の楽しみも広がるレースでした。
馬たちのこと

【反省会】第168回 天皇賞(秋)

世界ランキング1位の⑦イクイノックスが圧巻の走りを魅せてくれました。走破時計もレコードを大幅に更新。ジャパンカップでリバティアイランドとの初対決や、ドウデュースとの再戦が楽しみです。無事に次走を迎えてほしいと思います。